●全日本印刷工業組合連合会CSR認定制度とは
環境・安全・エネルギー・福祉・ライフスタイルなど企業を取り巻く環境が大きく変化し、社会から求められる様々な要請に応えるCSR(企業の社会的責任)を重視した経営戦略が注目される中、全日本印刷工業組合連合会がCSR研究の第一人者である横浜市立大学の影山教授の監修のもと中小印刷業が取り組む「CSR取り組み項目チェックリスト」を策定し、積極的にCSRに取り組む企業の成長・発展を支援する制度です。

全日本印刷工業組合連合会CSR制度は8つの分野から審査されており、「①コンプライアンス、②環境、③情報セキュリティ、④品質、⑤雇用・労働安全、⑥財務・業績、⑦社会貢献・地域志向、⑧情報開示・コミュニケーション」について評価しその達成度を審査され認定されています。
弊社では引き続き、事業活動を通じた社会貢献や環境活動の取り組みを行い、社会と地域に役立てる企業となるよう活動してまいります。

CSR.jpg