shiki.png

最終工程である紙器加工は、パッケージの製造ラインとラベルの製造ラインに分かれています。
プレスコートや箔押し、浮き出し加工などの後加工もここで行われます。

ラベルの製造ラインは、酒類・食品用・工業用ラベルの仕上げ加工を行う部門です。
製品の形状によって断裁仕上げからブッシュ抜きやポンス抜きまでを行います。

抜き加工では、木型を利用し刷り本を型抜き、筋入れ、ミシン目入れを行います。
また、B段・E段・G段・板紙・和洋紙・平版タック紙やPP、PETなどのクリア素材を抜くこともできます。

貼り工程では、サックマシンで予備折り、糊付け、本折りを行います。またサックマシンにはグルーモニター(糊位置不良検知機能、底フラップ折れ不良検知機能)を搭載し、品質に厳しいパッケージの生産や異種混入対策にその威力を発揮します。

shiki.jpg