kensa.png

枚葉刷本検査機を使用し、品質管理を行っています。
印刷色の濃淡、ピンホール、白ヌケ、見当不良などをCCDカメラ6機にて検出をします。特に品質の厳しい製品に関しては印刷する前に原紙不良を検出し、その後原紙良品だけに印刷を行うこともできます。

打ち抜き機によって抜かれた貼付前の製品は、ブランクス検査機で1点ずつ検査します。
表面が3機と裏面が1機の計4機のCCDカメラにて検査を行い、色合いや汚れ、キズの確認から表面加工やエンボス加工、ラミネート加工などの特殊加工の不良までを高速回転で判別し、良品、不良品に仕分けます。

最終確認工程として、外観チェックや刷色・ピンホールなどの印刷内容のチェックの他に、寸法精度、貼合強度、図柄の確認を行い、厳重な最終検査後の製品をお客様にお届けしております。

kensa.jpg

shukka.png

独自のデータベースを使用することにより、膨大な製品群の中から必要な製品の格納ポイントと数量を瞬時にディスプレイに表示し、ピックアップオペレーターの迅速な対応を可能にしました。正確にお客様の手元に届けるためのプロフェッショナルが揃っています。

shukka.jpg